大きな栗の木の下で > ひとり言 > 原価バー[こうすればもっと良くなる]
2012年02月05日

原価バー[こうすればもっと良くなる]

原宿の原価バーが流行っているいう話を友達から聞いた。
原価バーは入場料1,500円を払うと店内の飲食代が原価で楽しめるというバーだ。

こうすればもっとお客さんに優しい。そして、何より儲かる。

■月会費500円のメンバー制も導入して、入場料490円のプランを併設。
なぜこの方が店が儲かってお客さんがハッピーかという計算方法はこのブログでは紹介しないが、導入は早いほうがいい。
勧誘のタイミングはお客さんが気持ちよく飲んでるときに「本日だけのキャンペーン」「今から2時間だけのキャンペーン」として、特別待遇にしてしまうのだ。

顔写真のカードを作るのは面倒だし照合も大変だから、指紋認証を使えばいい。
最近は安価にシステムが組めるはずだ。

今はまだいいが、入場料1,500円の原価バーは何れお客さんが飽きる。
残念だが流行とはそういうものだ。
離れの時やったら手遅れ。
原宿の原価バーのまねをする人も出てくる。

このアイデア(という程のこともないが)、どうぞ勝手に盗んでくれ(笑)


調査会社の社員ブログ〜FC2ブログランキング [ アフィリエイト ランキング ] ブックマークに追加する あとで読む
posted by syain at 13:26 | 大阪 ☀ | Comment(0) | ひとり言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。