大きな栗の木の下で > プライベートな話 ではない2 > 原野商法の二次被害[対策]
2012年01月23日

原野商法の二次被害[対策]

原野商法はいつの時代にも存在する。
原野商法の二次被害もまた多い。二次被害にはいくつものパターンがあるが、
測量、整地、樹木の伐採、除草サービス、土地の新たな購入、インターネット広告などがそれだ。

どんなビジネスにもトラブルは付きものだが、原野商法は欲のある人を食い物にしたビジネスという見方もできる。

Wikipediaにはこう書かれている。
原野商法(げんやしょうほう)とは、原野などの価値の無い土地を騙して売りつける悪徳商法のことをいう。1960年代から1980年代が全盛期であり、新聞の折り込み広告や雑誌の広告などを使った勧誘が盛んに行われていた。


二次被害の対策は、まず原野商法がどんなものであるかを知ること。学習しておくことが大切だろう。

さまざまな悪質商法(原野商法の二次被害)_国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_volunteer/mj-chishiki21.html
調査会社の社員ブログ〜FC2ブログランキング [ アフィリエイト ランキング ] ブックマークに追加する あとで読む
posted by syain at 22:22 | 大阪 ☔ | Comment(0) | プライベートな話 ではない2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク