2010年01月10日

カルテ開示手数料[比較]

カルテ開示手数料のニュースを目にした。
読売新聞の調査によると、カルテ開示手数料は無料〜1万円まで大きな差があることがわかったらしい。

1万円のカルテ開示は高級な紙で関われているとか、何か特典が付いているわけでもない。
カルテ開示手数料がタダのものと内容は何も変わらないのだ。

人件費や時間当たりの施設の償却費を考えると差が出て当然だが、患者側からすると感じは悪いものだ。

そのうちカルテ開示手数料の比較サイトが出てきそうだ(笑)
調査会社の社員ブログ〜FC2ブログランキング [ アフィリエイト ランキング ] ブックマークに追加する あとで読む
posted by syain at 12:28 | 大阪 ☁ | Comment(1) | プライベートな話 ではない2
この記事へのコメント
カルテの開示とは多少異なりますが。本来は交通事故の後遺症の裁判の為カルテ開示頼みましたが断られ、やむなく治療内容と日付の記入した診断書を書いて貰う事に。会計が6600円だったので文書料込みですよね。と事務員から医師に確認して貰いそうだと答えたのに。後日、夫に受け取りに行ってもらったらなんと15000円の請求があり。夫もびっくり!して医院の前からあり。しかも、診断書は受診日の羅列のみ。診断書の依頼は受診じゃないから自由診療の値段ですだって。最初から説明しろって感じでした。結局弁護士の判断で裁判所命令でカルテ開示してましたが、使用目的とか裁判所に質問状送っているし、A4サイズのカルテ縮小コピーかけて2枚分を1枚にしていて読めない文字の小ささで血液検査は数値が見えませんでした。ここまで徹底されるとコメントも浮かびませんが、2万円を超える出費は痛いです。
Posted by 線維筋痛症患者 at 2010年01月16日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク